歯医者を嫌がる子供の心理

>

子供が歯医者に行くのを嫌がらないようにするために

はじめての歯医者さんは予防検診を

嗅いだことのない薬品の匂いや骨に響くような機械音など、歯医者さんにはお子さんが経験したことのないものがひしめいています。
急に連れていかれて、知らない人に口を触られたら、お子さんでなくても不快に思うことでしょう。
先ずは、治療が伴わない検診から体験してもらうようにする様にしましょう。
時間をかけて歯医者さんとしっかりコミュニケーションをとり、次第に心を開いてもらうことで、口の中というデリケートな部分に触れられても不快に思わないよう、誘導していくのです。
小児歯科に力を入れている歯医者さんの場合、待合室にキッズルームやスペースを設けてあり、絵本や遊具を備えているところもあります。
お子さんがリラックスして診察を受けられる環境造りにも配慮してあげましょう。

歯医者嫌いになっている場合は

初めての歯医者さんが不幸にも治療であった場合、歯医者さん=イヤなところと刷り込まれてしまっていることもあります。
そのような気配を感じている場合、事前に歯医者さんに相談してみましょう。
お子さんが怖がらないような対策や改善案を取ってくれることもあります。
また、嫌いになった理由が痛みや歯を削る時の音だったりした場合は、治療方法を変更することも検討しましょう。
昨今では従来の削る治療から残す治療へと、メインストリームも変化しつつあります。
痛みを感じない治療方法や、麻酔により負担を軽減するといった方法も可能な場合があります。
そして、治療を頑張ったお子さんをたくさんほめてあげる、あるいはご褒美を上げる、ということも効果的な場合もあります。
歯医者に行くといいものがもらえるというモチベーションの上げ方も、これから長い人生で歯を大切にしていくきっかけづくりとしては有効という考え方もできますね。


この記事をシェアする